【なぜ、税理士事務所に診てもらっているのにコンサルタントに相談されるのか?】コンサルタントの目で決算書を見て欲しい

【なぜ、税理士事務所に診てもらっているのにコンサルタントに相談されるのか?】コンサルタントの目で決算書を見て欲しい

 

理想論は言いません。例えば、資産がない会社に資産を持った方が良いと言っても意味がないです。

 

また、赤字であっても返済が滞りなくできていて、返済余力があれば大丈夫です。黒字か赤字かで判断するのは良くないです。

 

それと、最近多い相談が節税対策です。何が経費として認められ、損金算入されるか、一般の方はご存じないです。それに、節税対策の具体的な行い方を税理士事務所は積極的に教えてくれません。

 

これらものもろの点からもきっちりと診てアドバイスしてくれるコンサルタントをお探しのようです。

 

税理士事務所と付き合っていれば大丈夫ということはないです。

 

だから、腕利きのコンサルタントに相談することも考えてみて下さい。

 

経営は、いろんな角から分析して対応するのが良いです。