【コロナ禍の飲食店の経営について】全く異なる事業を始める

【コロナ禍の飲食店の経営について】全く異なる事業を始める

 

外国人観光客がいなくなって、売上が半分以下になっている店もあります。そうすると、店内営業だけではやっていけません。

 

そこで、冷凍食品の開発・販売などに着手されています。会社を守るためには、そういうチャレンジが必要です。

 

今の商売に固執していると、売上は下がるだけです。もっと視野を広げて考えるべきです。

 

それに、少々の環境の変化ではなにもしなかったと思いますが、コロナでマーケットは激変しています。だから、今が変えるチャンスです。

 

チャンスだと思っている方が、伸びます。

 

どう変えて行くか、そこにかかっています。