【あるディスカウントスーパーの戦略について】菓子パンを止めて、冷凍食品を増やす

【あるディスカウントスーパーの戦略について】菓子パンを止めて、冷凍食品を増やす

 

こちらの店、年に何度も売場やレイアウトの見直しをされます。それも大掛かりな見直しです。

 

今回は、思い切って菓子パンを切り、冷凍庫の数を増やされました。

 

パンと冷凍食品では、坪当たり売上高が全然違います。

 

それに、パン類は消費期限が短くロスが出て、商品管理に手間がかかります。

 

ほっておいても自然と売れる冷凍食品は楽です。

 

超効率化経営を目指されているような気がします。

 

売場の一等地は、冷凍食品。新しい売り方が出てきています。