【仕出し料理専門店のコロナ禍の経営戦略について】仕出し弁当だけでなく、別ブランドを立ち上げ安い弁当を販売

【仕出し料理専門店のコロナ禍の経営戦略について】仕出し弁当だけでなく、別ブランドを立ち上げ安い弁当を販売

 

仕出し弁当は、コロナの影響もあり、利用される方が少なくなっています。

 

一方、仕出し弁当ではない、普通にいつも食べる安い弁当を売れています。

 

仕出し料理を作れるところは、安い弁当を作って売るのは、簡単にできます。

 

ところが、同じブランドで安い弁当を販売すると、ブランドに傷が付きます。

 

そこで、別ブランドを立ち上げ、そちらで安い弁当を販売されました。

 

このやり方、良いと思います。

 

ブランドを分けて、商品内容も変える。

 

高い弁当が売れるのが理想ですが、今はその時ではないです。

 

セカンドブランド、これがキーになりそうです。