【コロナ禍の飲食店の年末の対策について】年末ギリギリまで弁当・オードブルの販売

【コロナ禍の飲食店の年末の対策について】年末ギリギリまで弁当・オードブルの販売

 

大阪では、外出自粛要請が出て、お客様が激減しています。予約はほとんどキャンセル。区クリスマスや年末はどうすれば良いか、悩んでおられる方が多いです。

 

しかし、悩んでばかりでは良くないです。もうすでに、対策を打っておられる店があります。

 

そういう店では、今年は年末ギリギリまで、弁当やオードブルを販売されるそうです。

 

外食を控える人が増えています。家で外食の時代がやってきました。

 

普通は、クリスマスが過ぎると、大掃除で早く閉めるところが多いですが、今年は最後まで売りましょう。

 

それに、弁当やオードブルを買って帰る方が多くなると思います。今から、年末の営業の告知をして、オードブルなどの予約を取って下さい。

 

伸びそうなところに力を入れる。それが最善の策です。