【コロナ禍の飲食店経営について】繁華街から郊外へ移転?

【コロナ禍の飲食店経営について】繁華街から郊外へ移転?

 

コロナの影響で外国人観光客もいなくなり、売上は激減。戦略の立て直しが必要になっています。

 

そのため、今までの出店戦略とは違い、郊外を狙っている企業があります。

 

ただし、繁華街と郊外では、1店舗当たりの売上が全く違います。繁華街のように家賃や固定費は高くないですが、売上が低いです。

 

また、繁華街の時のような価格では通用しません。リーズナブルな価格でないと売れません。そうすると、余計に売上は低くなります。

 

それと、経営体質の課題もあります。やや高級感がある店を経営していたところが、郊外のリーズナブルな経営ができるかどうか。

 

売れている時は、繁華街の方が楽です。客単価が高いからです。

 

郊外は、地域密着の商売をしないといけません。地域の方に愛されないと売上は伸びません。

 

だから、軌道に乗るまでは、少なくとも数年はかかるでしょう。

 

立地を変えるというのは、簡単なようでかなり難しいです。