【コロナ禍の飲食店経営について】繁華街の店を閉めて、店を持たない飲食店をする

【コロナ禍の飲食店経営について】繁華街の店を閉めて、店を持たない飲食店をする

 

コロナで大打撃を受けている店があります。特に、繁華街は、外国人観光客がいなくなり、売上が激減しています。

 

そのため、繁華街の店を閉めることを考えておられます。ただし、単に移転するだけでなく、店を出さずに売上を作る方法を模索されています。

 

もう、店を持つことが夢ではなく、非効率だということがわかってきたからです。

 

これから、伸びるのは宅配やゴーストレストランです。

 

このビジネスをいかに成功させるか?そこにかかっています。

 

飲食店経営のあり方も大きく変わって行きそうです。