【安くなっている野菜の売り方について】野菜が安くなっていてもメイン料理にはならない。メイン料理に欠かせないものとして売るのが良い。

【安くなっている野菜の売り方について】野菜が安くなっていてもメイン料理にはならない。メイン料理に欠かせないものとして売るのが良い。

 

野菜がかなり安くなっています。やはり、目立っているのが白菜です。白菜は、鍋で食するのが普通です。白菜単品で、何か調理して食べる人はいません。

 

そうすると、白菜を売ろうとすれば、どうすれば良いか?

 

それは、すき焼きや鍋料理を売ること。特に、すき焼きの肉を安くすれば、必然と白菜などの鍋食材が売れます。

 

また、大阪や京都では、元旦の夜からすき焼きの文化があります。そのため、年末はすき焼き用の肉を買いだめします。

 

食品スーパーには、このすき焼き用の肉を買うために、開店前に行列ができます。

 

白菜は、すき焼きとセットで売るのが良いです。

 

野菜はメインになりません。調理する料理をイメージしてうらないと、さばけないような気がします。