【コロナ禍の飲食店経営について】拡大路線の中止。業態の整理。

【コロナ禍の飲食店経営について】拡大路線の中止。業態の整理。

 

店の数が増えれば、メリットがある。そのため、どんどん店の数を増やすという戦略がとられてきましたが、コロナの影響で逆効果になっています。

 

また、いろんな業態を出し過ぎていて、利益が出なくなっています。

 

今まで飲食業は、新業態を開発して伸ばすという方向性で来ていましたが、その戦略が取れなくなっています。

 

今やらなくてはならないのは、業態の整理です。コロナ禍でも利益が出る。これからも対策を打てばやっていける店は営業継続ですが、それが難しい業態は即撤退です。

 

赤字のまま、店を残すというのが一番危険です。

 

こういう時こそ、撤退が上手な店が伸びます。

 

また、これからの新業態は、弁当・テイクアウトが売れ、宅配でも売れる店です。あるいは、実店舗を持たないやり方を研究すべきです。

 

コロナ禍で、飲食業界は大変革期になりました。

 

来春までには、新たな方向性を出した方が良いです。