【コロナ禍の飲食店経営について】常連客の有無で売上が違う

【コロナ禍の飲食店経営について】常連客の有無で売上が違う

 

自粛要請や時短要請が出ても、大きく売上が下がっていない店があります。それは、小さな個人店で、常連客を持っている店です。

 

何十年と経営してきてできた常連客に助けられています。それに、営業時間が短縮されても、決まった営業時間に来てくれます。店を少しでも助けようという思いから、来店されます。

 

今、新規客を増やすのは難しいです。常連客の来店回数増が売上につながっています。

 

だから、常連客の大切さがよくわかります。

 

常連客づくり、これは永遠の課題かもしれません。