【食品スーパーの精肉のクリスマス・年末年始の売り方について】希少部位を揃えて、焼肉店替わりの売り方をする

【食品スーパーの精肉のクリスマス・年末年始の売り方について】希少部位を揃えて、焼肉店替わりの売り方をする

 

もうすでに、大阪の食品スーパーでは、希少部位の焼肉用の肉が販売されています。普通にミスジ・ハネシタ・イチボなどが販売されています。

 

各種停止や時短要請で外食をする人が減っています。そのため、家で外食をする方が、急激に増えています。

 

だから、焼肉も家で召し上がる方が増えるでしょう。特に、クリスマスや年末・年始は、ちょっと贅沢をしたいです。

 

そこで、食品スーパーでも希少部位の焼肉用の肉を売ること。今がチャンスです。

 

また、こういう商品が定着すれば、客単価が上がります。

 

精肉売場は、焼肉店を再現した売場になっているのが理想です。

 

ちょっとしたことで売上は大きく変わってきます。

 

このチャンス、活かして下さい。