【コロナ禍の飲食店経営について】都会と地方都市で経営法が異なる

【コロナ禍の飲食店経営について】都会と地方都市で経営法が異なる

 

コロナの影響で、都会の飲食店経営が大きく変わろうとしています。まず、飲食店でもテイクアウトは当たり前になりました。さらに、飲食店の宅配ビジネスが伸びています。

 

都会に住んでいると、出前館やウーバーイーツなどに注文するのが当たり前になりました。店を持たない、ゴーストキッチンさえあります。

 

テイクアウトや宅配は、ある程度人口が多くないと成り立ちません。だから、地方都市では、その流れが来ていません。それに、今後人口が増えることはなく、今まで通りの営業スタイルです。

 

この差は大きいです。都会の飲食店は、大きく変わろうとしています。変わらないと生き残っていけません。

 

だから、伸びるチャンスが来ています。新しい営業スタイルを確立するため動いています。

 

都会の動きに注目です。