【コロナ禍の飲食店経営について】店をそのまま使うのではなく、弁当づくりのスペースとして使う物件を探している。厨房が広く、弁当を並べることができる。

【コロナ禍の飲食店経営について】店をそのまま使うのではなく、弁当づくりのスペースとして使う物件を探している。厨房が広く、弁当を並べることができる。

 

普通に空き物件を探している。密にならない店を見つけている?

 

これは、コロナ前の出店の仕方です。コロナがやってきて、出店戦略も変わってきています。

 

もう、店はいらない。厨房さえあれば、ビジネスがでる。あるいは、2店舗は、厨房が広く、弁当を並べることができるところを探されています。立地は関係ないです。宅配店舗であれば、こういうことができます。

 

しかし、厨房は、ギリギリ小さく作っているところが多いです。それに、今回借りる店には、

全く投資はしたくないです。そのまま使いたいです。

 

これが現実的な出店戦略です。

 

厨房が広い、弁当を並べて作れる空き物件、これから人気が出ると思います。