【コロナ禍の飲食店経営について】テイクアウトがない業態は苦戦、閉店

【コロナ禍の飲食店経営について】テイクアウトがない業態は苦戦、閉店

 

例えば、立ち食そば店の閉店が増えているそうです。店は狭く、常に三密状態。そのため、来店客数が、ぐっと減って行ったみたいです。

 

また、立ち食いそば店では、テイクアウトがないです。同様に、街中のそば・うどん専門店は苦戦されています。

 

コロナの影響で売上が下がった店は、すぐにテイクアウトを始められした。また、それが次の事業の柱になっています。

 

これからの飲食店経営は、テイクアウトは必須です。

 

店内営業だけで売上を上げるというのは、難しくなっています。

 

テイクアウトができるかどうか、そこが鍵です。