【弁当の商品開発について】看板メニューは弁当にできない。向いていない。例、タワー〇〇〇

【弁当の商品開発について】看板メニューは弁当にできない。向いていない。例、タワー〇〇〇

 

名店の看板メニューがよくあります。それをインスタで見た人が、来店されます。

 

しかし、そのようなメニューは立体的な料理です。見た目は良いですが、これを弁当に

詰めることはできません。

 

だから、弁当は弁当として見栄えの良いものを作る必要があります。

 

どういう見栄えにするか、今は競争状態。

 

食べてみたくなる弁当の開発が大事です。

 

超大盛1㎏弁当などは、出てきました。次は、どんな弁当が出て来るか楽しみです。