【今年1年を振り返って】米だけは売れている

【今年1年を振り返って】米だけは売れている

 

コロナの影響で、飲食店はガタガタ。閉店や撤退が増えています。それに、売上は元に戻っていません。その分、飲食店における米の消費量は落ちていますが、食品スーパーの米の売上は絶好調です。

 

緊急事態宣言が発令された時は、小さな米パニックが起きました。米なら何でも買っておこうと食品スーパーには行列ができました。

 

その後、在宅勤務が増え、外食を控える人が多くなったため、必然的に食品スーパーの米が売れています。

 

こんな年は初めてです。いつも、早朝に食品スーパーに行くと、米の在庫があと少しになっています。

 

今日もお正月や年始用に米は売れるでしょう。

 

また、今回は帰省を控える方が多いため、縁古米が出回らないかもしれません。

 

毎年、1月は縁故米で米の売上が下がる月ですが、伸びる可能性があります。

 

米だけは売れているというのは、本当の話です。

 

どこでどういう形で米が売れているのか、研究が必要です。