【コロナ禍の飲食店の安定経営について】普通に仕入れる。変わったことをしない。川上を追いかけない。

【コロナ禍の飲食店の安定経営について】普通に仕入れる。変わったことをしない。川上を追いかけない。

 

コロナの影響で、無理して良いものを仕入れなくなっています。そのため、店内にある水槽も空っぽ。非効率なため、使わなくなっています。

 

景気の良い時は、徐々に川上を攻め、どこよりも鮮度の良いものを仕入れようとしていました。それが、売上に直結していれば良いですが、数字を出してみるとそうでもないです。

 

だから、決断された店もあります。もう変わったことはしない。1日売れる分だけを仕入れて、丁寧に売って行く。この方が、結局、利益が出ます。

 

産地と太いパイプを築く。それが、一つの商売の仕方でしたが、上手く行かなくなってきています。

 

やはり、普通が良いのかもしれません。

 

時代の変化を感じます。