【決算書の見方について】今後、銀行から借り入れする予定がないのなら、赤字の決算書でも良い。キャッシュアウトするものを減らすことが大事です。

【決算書の見方について】今後、銀行から借り入れする予定がないのなら、赤字の決算書でも良い。キャッシュアウトするものを減らすことが大事です。

 

黒字か赤字か、物凄く気にされる方がおられます。できれば、赤字は出したくない。優良企業でいたい。

 

しかし、今後、銀行から借り入れする予定がないのなら、赤字の決算書でも良い。キャッシュアウトするものを減らすことが大事です。

 

この意味が理解できるかどうか?

 

赤字でもキャッシュアウトするものが減っていれば大丈夫です。

 

逆に、私たち節税コンサルタントは、キャッシュアウトするものが減るようにアドバイスしています。

 

年間通して、キャッシュアウトする額が減れば、経営はうまく回っています。

 

どういうふうに改善すれば良いか困っている方は、弊社まで問い合わせください。