【コロナ禍の居酒屋経営について】ランチだけでは厳しい。宅配に参入すること。

【コロナ禍の居酒屋経営について】ランチだけでは厳しい。宅配に参入すること。

 

今まで、居酒屋は何でもあるのが魅力でした。そのため、コロナ禍に対応するため、ランチを始めたり、ランチに力を入れる店が増えています。

 

ところが、ランチをやっても売上的にはほんのわずかです。ランチではお酒は出ず、客単価が低いからです。また、宴会や大人数での利用もないです。

 

だから、大手チェーン店では、いち早く宅配に参入されています。宅配なランチ以上に売上を上げる可能性があります。

 

それに、時短営業の対象外です。

 

何をすれば、売上が伸びるか、それを考えることが大事です。

 

少しだけ変えて、急場をしのぐだけは厳しいようです。

 

どこまでやるのか、考えてみて下さい。