【売れる弁当づくりについて】肉は国産でなくても量が多い方が良い

【売れる弁当づくりについて】肉は国産でなくても量が多い方が良い

 

例えば、和牛を使うと、コストの関係から量が物凄く少なくなってしまいます。これでは、お客様は満足されません。

 

やはり、見た目が大事です。そうすると、国産にこだわらなくても良いのではということになります。

 

そこで、ある店では、国産にこだわらず、どこよりも肉の量を多くして当たっておられます。

 

これも一つの方法です。

 

弁当で肉の量が少ないのは、致命的です。

 

付け合わせに、肉炒めを入れると売れるくらいです。

 

やはり、肉の量は多い方が良いです。