【弁当専門店の販売戦略について】毎日取り置きの予約注文電話がある

【弁当専門店の販売戦略について】毎日取り置きの予約注文電話がある

 

1日100食は売られる、繁盛弁当専門店に開店前の11時に行ってみると、なんと店内にどう計算しても100食ないです。

 

あれ?100食は嘘?と思いますが、実は毎日取り置きの予約注文電話があるからです。

 

あるいは、ホームページの弁当カレンダーを見て、前日などに予約注文が入っていますので、取り置きして店頭に並べない弁当が必ずあるからです。

 

このように取り置きの予約注文が入るようになると、よく売れます。回転率もよくなります。

 

普通に来店されるお客様だけでなく、予約が入る店にする。

 

これが、弁当拡販のコツです。