【コロナ禍の飲食店経営の変化について】総合型居酒屋の閉店

【コロナ禍の飲食店経営の変化について】総合型居酒屋の閉店

 

今までは、何でも食べれる総合型居酒屋が有利でした。店も大箱にして、宴会が入りやすいようにする。1組100人様でもOKというようなキャッチコピーもよく見ました。

 

ところが、コロナの影響で一変。大箱の居酒屋が一番非効率になっています。そのため、大手から撤退されています。

 

今は何でも屋ではなく、おいしい単品です。

 

それと、営業形態を変えるべきです。弁当・テイクアウト、宅配、ネット通販などを行って売上を上げる。売上構成比も意図的に変えて行った方が良いです。

 

居酒屋のビジネスモデルが終焉を向かえました。次の新しいビジネスモデルが出て来る時です。

 

このチャンス活かして下さい。