【緊急事態宣言後の町の風景について】食品スーパー等でパニックは起こっていない。逆に、お客様の数が減っている。

【緊急事態宣言後の町の風景について】食品スーパー等でパニックは起こっていない。逆に、お客様の数が減っている。

 

今回の緊急事態宣言では、何も起こっていない感じがします。逆に、どの店もお客様の数が減っています。

 

もうすでに買い置きした商品はあるため、慌てて買い物をしなくても良い。

 

それに、スマホから宅配注文したり、ネット通販で購入するのに慣れた感じがします。

 

また、食品スーパーに行かなくても、都会ならどこでもネットスーパーがあります。

 

そうすると、家から一歩も外に出なくても生活ができます。

 

新しい生活様式が自然と生まれた感じがします。

 

消費者は、常に賢く進化していきます。

 

そのことが、如実に表れているような気がします。