【コロナ禍の飲食店経営について】なぜ、お客様は来てくれないのか?と考えるのではなく、いろんな利用方法を提案し、数多くの方に利用していただく

【コロナ禍の飲食店経営について】なぜ、お客様は来てくれないのか?と考えるのではなく、いろんな利用方法を提案し、数多くの方に利用していただく

 

「なぜ、お客様は来てくれないのか?」

これが、飲食店の命題のように言われていた時代がありました。それは、すべて店内飲食をイメージしているからです。

 

コロナで状況は一変しています。店へ行きたくても行けません。怖いからです。

 

そういう方にも落ち着いて安全に料理を召し上がっていただける方法を考えるべきです。

 

お客様が来店していただかなくても売上を上げる。実は、飲食店から弁当専門店に変えて、大成功される事例がいくつも出てきています。

 

お客様が来られないのなら、こちらから近づいて行く。

 

飲食店のあり方を変える。意識を変える。それが、大事だという方もおられます。

 

もう、古い言葉には惑わされない方が良いです。