【激辛ブームへの対応について】振り切った一番辛い商品を探している人が必ずいる

【激辛ブームへの対応について】振り切った一番辛い商品を探している人が必ずいる

 

激辛ブームは、いつか終わるかと思っていたら、続いています。マーケットは少しずつ拡大しています。

 

そのため、振り切った一番辛い商品を探している人が必ずいます。

 

例えば、ラーメン店では、このジャンルだけで営業している店があります。

 

飲食店のグロッサリー売場でも、辛い鍋つゆがなぜか売れます。奥様に買ってきて欲しいと言われる鍋つゆは、一番辛いやつです。

 

さて、この激辛をどこまでやるかです。

 

でも、ニーズはありますので、少しは置きたいです。

 

誰もやっていないのなら、チャンスありです。

 

激辛は、まだまだ伸びると思います。