【コロナ禍の飲食店経営について】いろんな業態の店を出すから、いろんな弁当にチャレンジする

【コロナ禍の飲食店経営について】いろんな業態の店を出すから、いろんな弁当にチャレンジする

 

今までは、軌道に乗るといろんなタイプの業態の店をオープンさせてきました。

 

ところが、コロナで一変。店の数が多いほど不利になっています。さらに、業態の数が多ければ多いほど、立て直しが難しくなっています。

 

だから、いろんな業態の店を出すから、いろんな弁当にチャレンジするに変わってきていることに気づくべきです。

 

もう店ではないです。弁当です。

 

弁当で事業化し、伸ばして行くのが、これからの戦略です。

 

どこまで店を追いかけますか?

 

時代は大きく変わっています。

 

弁当を追いかけないと、売上は上がりません。