【人材の育成・教育について】力を付けるというのは、自分で仕事を取ってこれること言う

【人材の育成・教育について】力を付けるというのは、自分で仕事を取ってこれること言う

 

弊社への電話で一番大多いのが、協業やアライアンスの案内です。しかし、弊社は協業やアライアンスは全く行っていません。

 

私が毎日書いているブログに共感された方しか、アドバイスは行っていません。同じ方向に向いている人や同じ考え方をお持ちの方でないと上手く行かないからです。

 

でも、十数年このやり方をやっていますが、狙い通りほぼ100%ブログを見た方からの問い合わせになっています。

 

さて、人材の育成・教育ですが。やはり自分で仕事を取ってこないといけません。他人の顧客を期待しているくらいだと将来がないです。

 

自分で自分の商品・サービスを作って。それを売る。また、自分自身が商品です。それを売り込まないと成長はないです。

 

いろんなところに電話したり、メールをするよりも、自分を磨き、自分の商品を作り上げることが大事です。

 

このことを若いうちに教え込まないと、育たないと思います。

 

何もアプローチをかけなくても、自然と問い合わせが来る状態を作る。

 

それが、理想のあり方です。