【コロナ禍の飲食チェーン店の経営戦略について】店内営業のFC募集よりも新しい弁当・テクアウトが売れる店を作る

【コロナ禍の飲食チェーン店の経営戦略について】店内営業のFC募集よりも新しい弁当・テクアウトが売れる店を作る

 

今までは、飲食チェーン店本部の方から飲食店以外の方のFC加盟を希望する方を紹介して欲しいという相談がよくありました。

 

ノウハウがあるため、大箱の店で、大きな売上を取る戦略です。従業員は、ほとんど高校生アルバイト。それが、一時当たっていました。

 

ところが、コロナの影響で、店内営業はガタガタ。どんなことをしても売上は上がりません。それに、宴会中心だったり、家賃が高いところは、さらに厳しくなっています。

 

そのため、早々に閉店・撤退した店もあります。

 

しかし、今は弁当・テイクアウトが売れる店を作るべきです。そういう店に業態変換を進めているチェーン店もあります。

 

飲食業界の新しい風景を作る。それが急務です。

 

繁華街やオフィス街ではない普通の街中に繁盛店が生まれるかもしれません。