【ある食品スーパーのワインの販売戦略について】ワインは300円台・400円台時代、500円を超えるワインは高い

【ある食品スーパーのワインの販売戦略について】ワインは300円台・400円台時代、500円を超えるワインは高い

 

ある食品スーパーは、かなりの量のワインを扱っておられます。賞味期限もなく、在庫管理も楽なため、ワインに力を入れておられます。

 

さらに、1,000円以下のワインしか扱っていません。回転率重視で在庫になる不安もなし。

 

それに、価格は300円台・400円台が中心。

 

もうワンコインでは高く感じる時代になっています。

 

こういう戦略も良いと思います。