【コロナ禍の次の飲食店経営について】飲食店はポスティングはやっても、訪問営業はやらない。常にお客様が来店されるのを待つ商売。この発想・考え方を変えること。

【コロナ禍の次の飲食店経営について】飲食店はポスティングはやっても、訪問営業はやらない。常にお客様が来店されるのを待つ商売。この発想・考え方を変えること。

 

コロナの影響で、飲食店の経営の仕方が変わりました。店を開けて、お客様を待つだけの商売では売上が上がりません。

 

そのため、店内営業のみから、弁当やテイクアウト・宅配が大事になっています。

 

また、それらの売上を上げるには、訪問営業が必要です。チラシやパンフレットを持って、会社や事業所・施設などに営業をかけないと予約注文が入りません。

 

もう、調理技術だけを自慢しても意味がないです。こちらから、お客様に近づくこと。

 

待ちの商売から攻めの商売へ。発想を切り替えて、それがやれるかどうかです。