【都会と地方都市の格差について】ネットスーパーがあるか、使っているか

【都会と地方都市の格差について】ネットスーパーがあるか、使っているか

 

コロナの影響で、ネットスーパーを利用する方が、急激に増えています。密を避けるのなら、直接空いている時間帯に店に行かず、ネットスーパーを利用した方が早いです。

 

特に、水や米などの重量物は、ネットスーパー向けです。

 

それが、だんだん日常使いする商品にまで広がっています。

 

ところが、このネットスーパー、人口が密集している都会にしかないです。全国どこにでもあるものではないです。

 

でも、食生活が一番大事です。食生活で格差が生まれます。

 

普通に便利なネットスーパーがある町とない町では、開きがあります。

 

それに、人口が少ないと、ネットスーパーはやってきません。これが、今までのマーケティング戦略との大きな違いです。

 

宅配もネットスーパーもない町、ひょっとすると寂れて行くかもしれません。