【コロナ禍の経営について】2年で1年と思う

【コロナ禍の経営について】2年で1年と思う

 

コロナの影響で、業績が良いところと悪いところがはっきりしてきています。

 

特に、昨年の数字が良かったところは、これから反動がくるかもしれません。例えば、絶好調だった食品スーパーなどは、2度目の緊急事態宣言ではパニックは起こらず、普通に戻っています。

 

ひょっとすると、緊急事態宣言が解除されると、売上が下がるかもしれません。そういう場合、昨年の数字と今年の数字を足して2で割って下さい。

 

昨年の数字が異常値だからです。

 

ひょっとすると、昨年の逆の現象が起こるかもしれません。それを見越して、経営計画を立てて下さい。

 

良い時もあれば、必ず悪い時も来ます。その準備が大切です。