【コロナ禍のマーケティング戦略について】チェーンストア理論ではないやり方がこれから伸びる

【コロナ禍のマーケティング戦略について】チェーンストア理論ではないやり方がこれから伸びる

 

今までは、経営というとチェーンストア理論でした。同じタイプの店を数多く出店することが有利だと考えられてきました。

 

しかし、コロナを経験し、経営に対する考えた方が変わってきています。店の数が多いところほど、経営がおかしくなっています。

 

それに、若手経営者で賢い人は、もう店を増やしません。出しません。

 

店を増やさずに経営することを行っておられます。

 

店を出さない場合、固定費がかかりません。そうすると、経営的には楽です。

 

この発想を持っているかどうかは大きな違いです。

 

また、出店エリアなども全国展開ではなく、出前館やウーバーイーツが参入していきているところだけにされています。

 

商圏調査をしなくても、それだけで需要が読めます。

 

さらに、外国人観光客や日本人の観光客をあてにしたマーケティング戦略ではないため、数字が固いです。

 

〇〇〇店の出店が目標から、いろんなビジネスにチャレンジする時代になっています。

 

チェーンストア理論で日本は大きくなってきましたが、それが効かなくなってきていることを認識した方が良いです。

 

チェーンストア理論とは違うところで、日本は動いています。