【コロナの影響で落ち込んでいる商品について】牡蠣が余っているが食品スーパーに弁当・総菜が少ない

【コロナの影響で落ち込んでいる商品について】牡蠣が余っているが食品スーパーに弁当・総菜が少ない

 

テレビを見ていると、コロナの影響で牡蠣の出荷量が激減しているそうです。そのため、食品スーパーなどでは、牡蠣の特売をよくやっています。毎日、やっている店もあります。

 

しかし、この牡蠣を使った弁当や総菜をあまり見ません。余っているなら、弁当や総菜にして売るべきです。

 

弁当専門店でも牡蠣メニューはないです。

 

一番量がはけるところで売らないと、厳しいと思います。

 

牡蠣めしやカキフライ、チャンスです。

 

買ってくれるところを見つけるだけでなく、調理方法まで提案しないと市場で売れないかもしれません。