【飲食業に関する古い考え方について】おなかを満たすのが目的の食堂?レストランは楽しくないといけない?

【飲食業に関する古い考え方について】おなかを満たすのが目的の食堂?レストランは楽しくないといけない?

 

おなかを満たすのが目的の食堂?レストランは楽しくないといけない?と思っている人がまだいるようです。

 

時代は変わっています。進化しています。食堂かレストランではなく、もっと新しいものを追いかけるべきです。

 

だから、この発想では、今のコロナを抜け出せません。まだ、飲食業を接客サービス業だと考えているからです。

 

弁当やテイクアウトは、飲食業ではない。それでは、面白くない。

 

しかし、大手では非接触の店が増え、接客を極力なくす方向に行っています。

 

また、ゴーストレストランなど、実店舗を持たない商売も出てきています。

 

飲食業に対する昔のイメージを捨てないと、勝ち残れないような気がします。

 

過去の延長線上に進化はないです。全く、異なる角度から新たなものが出てきます。

 

そのチャンスを活かせるかどうか、そこが鍵です。