【コロナ禍の飲食店経営について】本部のない商売

【コロナ禍の飲食店経営について】本部のない商売

 

コロナの影響で、一番苦戦しているのは、本部のある会社です。

 

本部があると、それだけ商品価格に転嫁されるからです。

 

例えば、今人気の弁当を見ても、大手チェーン店ほど価格が高いです。そのため、店内営業では他店を圧倒していても、弁当では勝っていません。

 

本部費の負担、これが大きいです。

 

そのため、個人店にチャンスが来ています。特に、店舗展開していない1店舗だけの個人店はやりやすいです。安く提供することが可能です。

 

だから、このことを知っているお客様は、このような店を探されています。

 

大きくしないのであれば、本部のない商売が有利です。

 

もう、拡大路線でコストカットは利かなくなっています。