【コロナ禍の新しいパン屋さんについて】完全非接触の店づくり

【コロナ禍の新しいパン屋さんについて】完全非接触の店づくり

 

パン屋さんというと、トングで好きなパンをトレーに取って、お会計をするのが風通ですが、それをすべて止めた店舗が出てきました。

 

ショーケースの中にズラリとパンが並んでいますが、お客様は見れるだけで、取ることはできません。

 

そのため、オーダー表に欲しいパンの番号と数を書いて、所定の穴にそれを入れます。そうすると、店員さんがパンをピックアップし、お客様はお渡しします。

 

パンは、ショーケースの中なので、他のお客様は触ることができません。空気に触れることもなく、飛沫もかかりません。

 

本当に安全な状態で販売されています。

 

ただし、迷ったり、ついで買いはなくなるでしょう。

 

おそらく、コロナが収まるまでは、このやり方を続けられると思います。

 

パン屋さんの業界も動き出されました。今まで当たり前だったことにメスを入れられています。

 

何かしないとお客様は減って行きます。

 

新しいサービス、まだまだ出て来そうです。