【コロナ禍の飲食店の経営戦略について】どうすれば、餃子が売れるようになるか?

【コロナ禍の飲食店の経営戦略について】どうすれば、餃子が売れるようになるか?

 

コロナで新商品を出したり、新しい業態を出す店が増えています。メニューは、やはり餃子で攻めています。

 

餃子なら、売れる自信があり、テイクアウトでも売れるだろうという感じです。

 

ところが、苦戦しています。餃子が、大手メーカーが冷凍餃子を販売し、好調です。だから、この餃子に勝たないと売上は伸びません。

 

また、冷凍を嫌い、生やチルド状態の餃子を好む方が増えています。ネット通販でも、冷蔵タイプの餃子が売れています。

 

また、ついにこの冷蔵餃子の販売だけの直売店が、都会に進出してきています。私の住んでいる町にあり、繁盛されています。

 

さて、何が違うのか?

餡に味があるかどうか、それが専門店の味です。

 

家で作ると。味気ない餃子になります。餃子は家計にやさしく、だれでも作れますが、店の味を再現するは難しいです。そのため、餃子は、家では作らないという方が増えています。

 

餃子で勝負するなら、この餡作りからです。癖になり、インパクトのある味に仕上がっていないとリピートされません。

 

居酒屋などが、安易に餃子のテイクアウトをされていますが、後もう一歩考えるべきです。

 

おいしい餃子づくり、それが大きな課題です。