【お米の契約と市場環境について】契約を切ってしまうと、次年度お米が回ってこない

【お米の契約と市場環境について】契約を切ってしまうと、次年度お米が回ってこない

 

確かに、契約を切ってしまうと、次年度そのお米は入ってきません。

 

一般消費者向けの米は良いですが、飲食店向けの米、まだどうなるかわかりません。

 

コロナが収まったとしても、飲食店にお客様が戻ってくる保証はないからです。

 

特に大人数での食事や宴会が自粛のため、どうしても米の消費量は減っています。

 

ホテルや旅館も客数が大幅に減っているため、米は出ないです。

 

こういう状況がいつまで続くか?本当に元に戻るのか?

 

飲食店・業務店向けの米の販売計画を見直すべきです。

 

それと、一般消費者向けの米の販売数を伸ばすことを考えて下さい。ネットでは、有名ブランド米が好調です。

 

粗利の高い、有名ブランド米をどうやって売って行くかが、これからの大きな課題です。

 

そのためには、少なくともSNSをやること。お米のことに関して、つぶやいて下さい。

 

お米マーケットが変化していることに気付き、新たな戦略を組む。

 

時代が変わったことを認識された方が良いです。