【ディスカウントスーパーの戦略について】ビール・缶チューハイは、常温で売る

【ディスカウントスーパーの戦略について】ビール・缶チューハイは、常温で売る

 

酒類を冷蔵庫では販売されません。そのため、店内には、酒類販売用の冷蔵庫はないです。

 

だから、ビール・缶チューハイは、常温で売られています。ただし、価格だけは、どこよりも安く販売しています。

 

冷蔵庫で冷やして、丁寧に売るという方法もありますが、冷蔵庫を置かないという戦略もありです。その方が、手間もかかりません。

 

また、景気が悪く、お客様はアルコール類は、最安値の店を見つけて、そこで買っておられます。

 

逆に、最安値を出そうと思えば、常温で販売した方が良いです。

 

後は、店の考え方次第。

 

どちらが、集客力があるか?

 

少し考える必要がありそうです。