【弁当・テイクアウトの商品開発について】丼ぶりは飽きられ、結局最後は弁当が売れる

【弁当・テイクアウトの商品開発について】丼ぶりは飽きられ、結局最後は弁当が売れる

 

丼ぶりなら、付け合わせなど何にもいらない。弁当よりも価格を少し下げて販売すれば売れるのではと思われます。本当に、弁当だけにすれば、効率的です。

 

そのため、丼ぶり専門店にしたり、丼ぶりの商品数を増やされます。

 

さて、結果は?

丼ぶりだと物足りません。若い方は、必ずカップ麺1個を同時に食べられます。

 

また、丼ぶりが毎日続けば、飽きてきます。

 

そのため、ある繁盛弁当店では、丼ぶりの商品は、毎日1種類に限定されています。日替わりで丼ぶりを販売されています。

 

丼ぶり、良いように見えて、あまり結果が良くないです。

 

丼ぶりは、計画を立てて、慎重に考えられた方が良いです。