【食品スーパーの風物詩について】今年もイカナゴがない

【食品スーパーの風物詩について】今年もイカナゴがない

 

今年もイカナゴの収穫量が少ないそうです。そのため、もう収穫中止になるとか・・・

 

食品スーパーは、元々季節を感じる商品が並んでいるのが当たり前でしたが、それがなくなろうとしています。

 

例えば、ディスカウントスーパーでは、そのような季節商品は扱いません。ロスが発生するのが怖いからです。

 

定番をしっかり売って、利益を出すという戦略を取っておられます。経営的には、その方が安定します。

 

それと、徐々に地球環境がおかしくなり、今まで普通にあったものが手に入りづらくなっています。

 

いかなごくぎ煮、昔話になりそうです。

 

今年もあきらめるしかないような感じです。