【サービスエリア・パーキングエリアのメニュー戦略について】スープカレーは売れない。かつカレーを売った方が売上が上がる。

【サービスエリア・パーキングエリアのメニュー戦略について】スープカレーは売れない。かつカレーを売った方が売上が上がる。

 

北海道でスープカレーがブームになった時、サービスエリアでも始められたところがありました。ところが、北海道のように爆発的には売れませんでした。

 

観光で行った場合は、スープカレーは食べたいですが、日常使いの場合は食べません。特に、ドライバーの方の利用が多いところでは、厳しいです。

 

一方、昔からサービスエリア・パーキングエリアでは、カレーはよく売れます。利用者は、どこがカレーがおいしいか比較されていて、よくご存じです。

 

だから、普通のカレーを強化した方が良いです。あるいは、かつカレーを強化して、客単価を上げるという方法もあります。

 

オシャレなものものよりも、日常使いのものの方が売れます。

 

やはり、店舗経営は売上です。

 

いくらアドバルーンを上げても、売上が上がらないと意味がないです。

 

だから、売上が上がるものを探すこと。

 

そういう発想が大事なような気がします。