【コロナ禍の地方銀行の戦略について】何とか廃業を防ぎたい

【コロナ禍の地方銀行の戦略について】何とか廃業を防ぎたい

 

コロナの影響で、廃業を考えているところが増えていると思います。でも、廃業できるなら幸せです。どこも、残債が残っており、簡単に廃業できないのが実情です。

 

また、銀行は、M&Aを進めようと動いていますが、こちらも簡単にはマッチングしません。理由は、地方銀行の場合、県内だけの情報に限られるからです。

 

買い手は、日本中にいます。そういうところに情報を流す必要があります。また、この情報は、非公開のため、大っぴらに公表することができません。静かに裏で取引です。

 

そのため、M&Aが得意な会社と手を組んで進めようとされていますが、どうでしょうか?

 

売却して、そのまま社員を引き取って欲しいというのが希望だと思いますが、事業を立て直すことができるか、再生できるかが大きな課題です。

 

まずは、そのプランニングや計画が大事です。

 

だから、案件ごとに再生可能かどうかの審査・チェックが必要です。これを通過した会社が、M&Aへと進みます。

 

廃業を防ぐだけが目的では、厳しいように思います。