【コロナ禍の飲食業界でM&Aが進まない理由について】実店舗がいらない。店を増やしたり、展開する必要がなくなった。

【コロナ禍の飲食業界でM&Aが進まない理由について】実店舗がいらない。店を増やしたり、展開する必要がなくなった。

 

今まで、飲食業界では、当たっている業態を店舗展開するのが一番有利だと言われてきました。

 

ところが、コロナの影響で、店はいらなくなっています。今すすめられているのは、弁当やテイクアウトの販売、宅配やゴーストレストランです。

 

飲食チェーン店が、さらに大きな飲食チェーン店に買収されるということが起こっていません。

 

店の数が増えると有利だと言われてきた時代とは、変わってきています。

 

これだけ、居酒屋などのチェーン店が苦戦していても、だれもM&Aの話には乗ってきません。そのため。街中では閉店や撤退が増えています。

 

店を持たず、店を増やさずにどうやって売上を上げて行くか、そこが大きな課題です。

 

特に、これから飲食の事業をやろうという方は、そういう考え方をされています。

 

店がないとつまらない。それは、昔の考え方。

 

飲食業界にも新しい風が吹いています。

 

そのことに気付かないと、事業は上手く行かないと思います。