【コロナ禍の業態転換について】飲み屋街の近くなら、バーなら当たるかもしれないと開店したが売れず、弁当のテイクアウトと宅配に切り替えたら大当たり

【コロナ禍の業態転換について】飲み屋街の近くなら、バーなら当たるかもしれないと開店したが売れず、弁当のテイクアウトと宅配に切り替えたら大当たり

 

バーやバルなら、飲み屋街なら当たるはず。ところが、開店してみると、目論見が外れ、違う商売が必要になる。

 

そこで、一か八か、弁当専門店に変える。店内はリフォームせず、すべて厨房や弁当づくりのスペースにする。

 

また、綺麗なチラシを作って、新聞折り込みチラシを入れる。当然、宅配もやる。

 

そうすると、かなりの数の注文が入り、順調に売上を伸ばされています。

 

時代ごとに、何が当たるかわかりません、時には、大きく変えることも大事です。

 

では、今は何が良いか?

 

それは、弁当にテイクアウト、宅配です。

 

この切り替えができるところが、生き残って行くでしょう。