【コロナ禍のホテル旅館経営について】撤退するのは簡単だが、新事業を見つけるのは難しい

【コロナ禍のホテル旅館経営について】撤退するのは簡単だが、新事業を見つけるのは難しい

 

コロナの影響で、宿泊客が激減。ブライダルはキャンセルが増え、ほとんど稼働していない状態。宴会は、開けないままでこちらも大苦戦。レストラン部門も売上は良くない。

 

こういう状況の場合、何か新しいことをする必要がありますが、それが1年経ってもできていないというのが現実です。

 

元々、ホテル旅館は、華やかな世界で事業をしてきたので、新しいことに着手することが遅れます。

 

華やかなものでないとやりたくないという思いがあります。

 

例えば、仕出し料理や仕出し弁当など、こちらからご提案しても、あまり良い返事をいただけなかった経験があります。

 

単価が高く、オシャレに見えるものはやるが、それ以外はやらない。

 

そのため、ブライダルのチャペルの投資は、行おうとされます。

 

でも、こういう時こそ、赤字部門を精査し、撤退も考えるべきです。

 

それと新しい事業を興すこと。そこにかかっているような気がします。

 

ちょうど、事業再構築補助金も出るようです。

 

何か考えてみられてはいかがでしょうか?