【割烹料理のお重が売れない理由について】冷めたものを食べない。食べものは、レンジでチンして食べる癖が付いている。

【割烹料理のお重が売れない理由について】冷めたものを食べない。食べものは、レンジでチンして食べる癖が付いている。

 

通常、宅配注文すると、温かいものが届きます。ハンバーガーでも、温かいです。ピザなどは、熱々です。

 

ところが、日本料理専門店の弁当は、冷めたままの販売です。家で、容器ごと、温めるということはないです。

 

日本人は、食べ物は何でもレンジでチンする癖が付き、冷めた料理を好まなくなっています。

 

そのため、最初からレンジでチンして、おいしいものを作った方が売れます。

 

どういう食べ方をするかまで想定して作らないといけない時代になっています。

 

温かい料理、これが一番おいしいです。

 

ここに目を付けて、出来立て・作り立てのテイクアウト・宅配専門店が出てきています。

 

容器に入っている料理の数よりも、温かい料理に軍配が上がっています。