【コロナ禍の経営の立て直しについて】リスケの交渉を行うこと

【コロナ禍の経営の立て直しについて】リスケの交渉を行うこと

 

コロナの影響で、業績が悪化している場合、何か対策を打っても業績は回復しません。

 

正直、売上はほとんど変わりません。コロナが収まるまでは、難しいと思います。

 

だから、何とかコロナが収まるまで、会社を潰さないこと。

 

そのためには、銀行に状況を話し、リスケ交渉を行うのが良いです。

 

コロナが収まれば、確実に業績が上がることを伝えることが大事です。

 

経営を継続し、生き残るためには、赤字事業から撤退し、スリムにして下さい。黒字化可能なものだけ残すこと。

 

さらに、新たなビジネスにチャレンジしないと、銀行も理解を示さないでしょう。

 

こういう時こそ、リスケ交渉を行い、踏ん張って下さい。