【コロナ禍の弁当の開発について】揚げ物でない弁当で勝負したい

【コロナ禍の弁当の開発について】揚げ物でない弁当で勝負したい

 

どの店も売上が下がってくると、揚げ物のテイクアウトをされます。繁盛していたうどん専門店でも、揚げたてのコロッケを売られています。

 

それだけ、ニーズが高く、やりやすいのでしょう。

 

ところが、一方、お客様から、揚げ物ではない弁当が食べたいという声があります。どこへ行っても揚げ物弁当ばかり。

 

毎日、弁当にお世話になっている人にとっては、揚げ物は飽きています。

 

そのため、揚げ物弁当でないものを探す方が増えています。

 

今が、揚げ物のピークかもしれません。近い将来のことを考えるなら、揚げ物ではない弁当の研究開発を行い、販売に結びつけて下さい。

 

揚げ物でない弁当で勝負したいという相談、当たっているような気がします。